2011年10月

2011年10月31日

三重県の伊賀上野にあるお城の前のステージにやってまいりました♪
35
どどーんと、お城の前の特設ステージに。
とてもでっかいステージ。後ろの紋入りバックがしぶい…。

伊賀にくるのはこれで何回目か…去年に初めて出演の依頼をくださってから何回かいっていますが、いつも素敵な場所で演奏させていただき、本当に嬉しいです。
irohaの音色もしっくりときます。
27
 今回は大ハプニングが…。

ステージに特大スズメバチが…うろうろ。
美奈さんの周りをうろうろした後に、平山さんの周りをうろうろ。
わたしは気がつかずに、平山さんの音がいつもと違うので見てみると、スズメバチに気に入られ、なかなか離れてくれない。でも平山さんは吹き続ける。(すごい!!)とうとう、特大スズメバチが平山さんの襟元に止まる。

ハチがきらいなわたしにとって見てるだけで失神しそうなくらいの恐怖でした。
ステージの下にいるスタッフもみてるだけでどうしようもない。客席もざわざわ…。
平山さんはとうとうくるくると回りながらステージの後ろにさがっていき、スズメバチも「待って〜」と追いかけましたが、とうとう諦めて飛んで行きました。
スズメバチは怒ってはいなかったようで、安心しました…。しかし、この時期、スズメバチが攻撃的になるということで新聞によくさされたとのっているので、本当に怖かったけども、あんな大きいスズメバチを相手にどうしようもなく…。

一曲目の「春雷」は後半はくたくたになってしまいました。

ほっとしましたが、その後に飛んでくるトンボとかが、全部スズメバチに見えてびくびくしながらの演奏で、3人とも集中力を保つのが難しかったみたいです。野外演奏は多いけども、前にも奈良の神社で演奏したとき、平山さんの首に蝉が激突してきた事もあったなぁ。袴に緑の虫がとまっていたこともあるなぁ。黒光りする虫もうろうろされたこともあるなぁ。
しかし、どんな虫よりも、スズメバチの恐怖に比べたらへっちゃらだ…。本当にでっかかった…。

2ステージ目もスズメバチがうろうろしてたけども、 結局わたしにはよってきませんでした。しかし、ハチ嫌いなわたしによってきたらたぶんすぐに反応して走って逃げるから一番刺されるかもしれない…。

ハチの話ばかりしてしまいましたが、この日はとてもいい天気でした。暑いくらいでした。お客様も暑かったと思いますが、たくさんきてくださって本当にありがとうございます。

お城の下に忍者に着替えられるところがあって、ちびっ子や、大人も忍者で歩いていました。黒い忍者に写真をとられたり、赤い忍者が塀を上ろうとしているのが見えて本当に面白かったです。 

本当にいつもいつも、素敵な所で演奏させていただきありがとうございます☆

(11:28)

2011年10月29日

o0750050011576532060
ルーテル教会で去年は譜面台の出し入れをして手伝ったけども、演奏するとは思っていなかった。
ギターの境さんとソプラノの林野さんと一緒にコラボをすることになり、それと、三姉妹での初コラボ。
妹が母がいなくなってから書き続けている天使の絵。それをリベラの『彼方の光』の伴奏に合わせて、映像を作ってもらい、それに合わせて三人で歌う(わたしは演奏)。
伴奏も有名な真野さんというピアニストさんに作ってもらい、映像はバスさんに作ってもらいました。
お姉ちゃんの頭の中で想像していたこと、わたしはその瞬間までイメージできなかったけども、よかったたと思いました。

いろんな意見がぶつかり合い、くじけそうになることもあったけども、終わってみたらすがすがしかった。
残念なのはチャルダッシュが弾けなかった事だけども…。
弾きたい曲なのでなんとか今度ライブで弾ける様にしようと思います。

今回はチューニングを多く変えなくてはいけなくて、なかなか大変でした。やっぱりチューニングをさげると音がびよんびよん伸びてしまいはっきりした音はでなくて弾きずらかったです。クラッシックも未知の世界でしたが、今回の事でいろんな事が勉強になりました。

また、次へ向けて頑張って行きたいと思います。


(20:56)

2011年10月18日

9/11に行われたけいはんな記念公園『観月の夕べ』というイベントの写真を追加アップ。
DSC_0098

DSC_0073
橋の上からたくさんのお客様が…。
DSC_0072
 空からとってるみたい。これは橋の上からでしょうか?
DSC_0070
ステージの後ろにもたくさんのお客様が。
DSC_0058
DSC_0088-2
iroha一列。
前からわたし、平山泉心(尺八)、新井美奈(ピアノ)

本当に写真をみても本当に最高のステージだと思います。音響も雰囲気もなにもかも最高でした。そして雲一つないまん丸お月様。毎月満月にやったらいいのにね…。って大変か…。

(04:26)
けいはんなATRにて『十三夜へのいざない』というイベントにわたしと美奈さんで参加させていただきました。
本当に素敵なイベントでATRの裏の草原の上のステージ。200人以上のお客様が来場。本当にたくさんの方の手作りのステージなのだけども、かがり火があり、竹灯籠があり、竹に生け花がしてあったり、そして空にはまん丸じゃないけども綺麗なお月様。本当に素敵であたたかいイベントでした。3ヶ月前にここに下見に来たときには、こんな素敵なステージになるって想像できていませんでした。想像以上の素敵で幽玄な雰囲気でした。

第一部に狂言で安東伸元先生による『萩大名』
狂言って小さい頃にみたときは何をいってるかわからなかったけども、今きいたらその面白さがわかりました。どうして小さい頃にはわからなかったのか…。 しかもこの自然の中できく狂言は本当に贅沢でした。
第二部に先生が移るまでの準備の間にわたしとピアノの新井美奈さんで30分ほど演奏させていただきました。
58-2
49-2

終始まったりとした曲を選びました。リベルタンゴやろうかとリハの時までいっていましたが、この雰囲気をみて、ちょっと違うなと思いました。ここに尺八の平山泉心殿もいたらさぞかし雰囲気がよかったろうに…と思いました。

久々にワイヤレスを使いました。やはり音質は落ちますが、コードにつながれていないってそれだけで本当に気が楽になります。もっと動ければいいんだけどな。

第二部に先生とみなさんの歌と二胡と一緒に『アメイジンググレイス』を演奏しました。 
先生の声量たるや本当に真ん前できくとすごい…。体の中を響かせてだしてる感じがしました。二胡の音なんて一瞬にしてかき消すくらい深くて大きな声です。

本当にこのイベントに関わっている方達はあたたかくて素敵なイベントでした。出演させていただいて本当にありがとうございます。

(03:46)

2011年10月08日

2011100719190001-2
昨日は京都の岡崎別院本堂にておこなわれました『落語と二胡の夕べ』に二胡ソロで出演いたしました。
バックに金屏風。不思議な雰囲気の中でゆったりとした曲を中心に演奏いたしました。
みなさん畳に直に座られていたので本当に足が心配でした。後ろの方には椅子があったのですが…。一面に大きな座布団をしきたい気持ちでした。19時から21時までの二時間みなさん足大丈夫でしたでしょうか…。
20時からの桂塩鯛さんの落語もきかせていただきました。
本当に面白くて、あの独特の間と、やはり声がいいんですね。素敵な声をしてらっしゃいます。声って本当に重要だと思います。自分は自分の声が苦手なのでMCもぼそぼそとしかしゃべれないのですが…。
演奏よりもしゃべるほうがどきどきしてしまいます。

いろんな方がこられてCDもたくさん購入していただき最後にはなくなってしまいました。ありがとうございます。来年はirohaで出演できないかな…とてもいい感じのお寺でした。 


(12:29)